レッスンの特徴

英会話コース(超初心者から)
生徒さまのレベルにあったクラスでレッスンを受けて頂けるので、クラスはいつもリラックスした雰囲気です。
英会話の経験がない方にはうれしい日本語も使えるレッスンなので本当に聞きたいとこや言いたい事が表現できます。
小さいお子様、海外旅行好きな方、留学を考えている方など、幅広い希望にこたえられるレッスンが出来ます。
特に初心者の方にはゲームや、絵カードを使った非常に分かりやすいレッスンが好評です。

子供英語コース(4歳頃~小学生)
英会話アクトでは年齢が低いお子様には英語に慣れ苦手意識をなくすために楽しいレッスンを受けて頂きます。
小学校中学年から少しずつ読み書きも覚えていき、高学年には将来の英語を見据えて実際に中学校で使用している英語の教材を使ったレッスンをします。
中学校に行くまでに英語を得意科目にするために、話すだけでなく読み書き&文法の学習にも力を入れています。
※2021年4月より中学英語の教科書の内容がグッと難しくなりました。
これまでには無かった高校生の内容が中学生で学ぶようになります。イメージとしては以前使っていた教科書より3か月から半年ほど前倒しをした内容になりました。
もし小学生の時に英語を勉強せずにいきなり中学に上がってしまうと、恐らく学校の英語が理解できずに以降英語に苦手意識を持ってしまう事が非常に良くあります。
英会話アクトでは中学校に上がった時に無理なく、そしてしっかりと理解が出来た状態で英語に取り組んでいけるように『小学生の頃から中学英語対策』をしています。

中学・高校生 学校英語対策コース
中学校の英語の教科書にはこれまでには無かった高校生の内容を学ぶようになります。イメージとしては以前使っていた教科書より3か月から半年ほど前倒しをした内容になりました。
今までは中学校に上がると初めの数か月はアルファベット、be動詞などの簡単な内容に時間をかけて学んでいましたが、すぐに内容が難しい授業になりました。恐らく多くの生徒様が初めの定期テストで思っていたより悪い点数を取った方が多いと思います。
 スタートでつまずいてしまうと中々それ以降リカバーする事は簡単ではありません。
 英会話アクトでは文法に非常に重点を置いています。

◆文法に重点を行く理由◆
①自分で自宅学習が出来る。
海外にいて英語を勉強するのであれば日常生活の中で自然と英語は身につきます。ですが日本にいて英語を勉強するためには文法を知らないと上達スピードが遅くなります。文法が分かっていると自分一人でも自宅で勉強が出来ます。

②納得した勉強が出来るようになる。
文法を理解していると、『なぜここが a ではなく、 the になるのか』、『こういう理由でこの文は eat ではなく eats なんだ』としっかり納得して勉強が出来ます。そうすると、今まで何となく解いていた問題が納得して解けるようになります。

③学校での定期テストなどで良い点数を取る為。
出来れば学校授業だけでなく英語を話せる会話力があればいいのですが、やはり中学・高校生の時は学校のテストで良い点数を取ることが一つのモチベーションとなります。叉高校進学・大学進学の為にはテストでいい成績を取る事も1つの重要なポイントとなります。

英検コース(GETC対策もあります)
小学生の時に3級~5級

中学生の時に2級~3級
高校生の時に準1級~準2級
を目指して、英会話だけでなく学校授業対策と英検取得レッスンもしています。
特に英検で効率的に得点を取得する為の”英作”&”リスニング”には力を入れています。
英会話スクールの強みを生かし、2次面接対策は本番さながらの模擬面接対策も充実しています。

TOEICコース
TOEICレッスンでは480点から940点へとスコアアップを実現した自己の経験をもとに計画的なレッスンを実施し、コースを受講されたみなさま100%必ずスコアアップをしています。
また多くの方が100点以上のスコアアップ を実現頂いています。
その秘密は生徒様の今の実力を的確に分析し、苦手な部分と得意な部分をしっかりと把握して頂きその後具体的なスタディープランを立てているからです。
また企業様から要望を頂き、多くの派遣レッスンもさせて頂いています。

Business English(ビジネス英会話)コース
マレーシアに自社工場を持つ大阪総合商社の海外部署で輸入買い付け担当を4年間する。
年間の3分の1以上を単独海外出張し、海外企業のオフィスや工場を訪問。
英語での商談・海外企業との折衝業務・品質管理・出荷前現地検品作業・船積書類作成・銀行決済書類作成・通関業務・国内外配送手続き・等の貿易全般業務を行う。
その実務経験を生かしビジネス英語レッスンでは、卓上のビジネス英語では学ぶ事の出来ない実際に海外出張・国内から海外とのやり取り業務、ネゴシエーション法、商用英語とそうでない英語の使い分け等を学ぶ事が出来る。

PAGE TOP